愛知県豊明市の老健「豊明第二老人保健施設」の基本理念

Menu

基本理念

豊明第二老人保健施設リニューアル > 施設のご紹介 > 基本理念

施設長の挨拶

施設長 佐久間長彦

豊明第二老人保健施設は平成7年4月に、医療法人清水会の二番目の老健として豊明市の北西部に設立されました。

豊明第二老健も設立後、今年で早や16年を経過しました。
昨年末の入所者様は、豊明市の方が45名、名古屋市緑区を含めた当施設に隣接する地域の方が76名で両者を合わせて全入所者様の81%にあたります。この事は長年地道に地域の皆様の医療、看護や介護、リハビリテーションに携わり、老後を守り、ご家族様に信頼され安心を提供することが出来た証と思います。

これからも入所者様を中心に、ケアサービスに励み、地域に根ざした老人保健施設として、前進することを、職員一同と共に誓います。

施設長 佐久間長彦

施設の基本理念

わたしたちは「信頼」され「安心」を提供します

チームケアとリハビリテーションによる、入所者の安全と尊厳を考慮した生活支援サービスを提供するとともに、地域に根ざした施設をめざす。

清水会訓

  • 地域の人々の医療に責任をもつ

    地域の人々の医療に責任をもつ

  • 地域の人々の保健に尽力する

    地域の人々の保健に尽力する

  • 地域の人々の福祉に貢献する

    地域の人々の福祉に貢献する